>>>子ども部屋

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

子ども部屋【こどもべや】

子どものための個室のことです。
一般的には、寝室兼勉強部屋として使われます。決められた広さはありませんが、間取図などに子ども部屋と表記されている場合は、クロゼット、勉強机、本棚、ベッドなど、独立した個室として使用することを想定し、4畳半程度の広さは確保されているようです。
子どもが2人以上いる場合は、それぞれに個室を与える場合と、部屋を収納家具で仕切ったり、勉強部屋を別に設け、寝室としてのみ使う場合などもあり、使い方はさまざまです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

子ども部屋とは?子ども部屋の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?