>>>減衰材

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

減衰材【げんすいざい】

建物に伝わる揺れや振動に抵抗し振幅を減少させ制御するもので、免震構造や制震構造に利用される装置・部材です。金属鋼板と薄いゴム板を交互に重ねた積層ゴムを利用し、地震の衝撃を吸収分散させるものや、ダンパーなどを用いて震動エネルギーを吸収するものがあります。代表的なもので、主として構造物の基礎部分に用いられ、鉛の塑性変形を利用し積層ゴムと組み合わせることであらゆる方向の振動を吸収分散させる鉛ダンパー式や、制震構造のあらゆる部位に粘性流体を用いた大型のシリンダー型ダンパーを設置し、震動エネルギーを吸収するオイルダンパー(粘性型制震ダンパー)式などがあげられます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

減衰材とは?減衰材の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?