>>>原寸図

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

原寸図【げんすんず】

実際に作る物と同じ寸法、実物大で描かれた図面のことをさします。
特に複雑な形状なものを製作するときに有効な方法とされています。工事現場などでは、合板などに描いて細かい納まりなどを調節したり、作業員が共通認識を持って仕事進める際に役立てたりします。また、鉄骨造では必ず原寸図を描く必要があり、鉄骨の寸法のサイズを確認する「原寸検査」を行います。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

原寸図とは?原寸図の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?