>>>権利に関する登記

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

権利に関する登記【けんりにかんするとうき】

「その土地や建物の所有者が誰なのか」を公に示すための登記です。主なものに所有権保存登記所有権移転登記抵当権設定登記抵当権抹消登記などがあります。所有権保存登記は、たとえば更地に建物を新築するなど、それまで所有権の登記のなかった不動産について、最初に行われる登記です。この登記には申請義務はありません。たとえば自宅の土地に物置小屋などを建てたとしても、登記する義務はないということです。
所有権移転登記は、売買や贈与、相続などによって生じた所有権の移転を公的に明確にするための登記です。所有権移転登記は新しい所有者と前の所有者との共同で申請するのが一般的と言えます。抵当権設定登記は、不動産を担保にして金融機関から融資を受ける場合に、金融機関が土地と建物を担保にしていることを明確にするもの。また、その融資金額を完済すると、金融機関の抵当権を外す「抵当権抹消登記」を行なうことになります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

権利に関する登記とは?権利に関する登記の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?