>>>建設業許可

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

建設業許可【けんせつぎょうきょか】

建設業を営もうとする者は、軽微な工事(建築一式工事の場合は請負金額1500万円未満、または請負金額に関わらず延べ床面積150m2未満、建築一式工事以外の場合は請負金額500万円未満)のみを請け負う場合を除いて、建設業の許可を受けなければいけません。
また、リフォーム業も建設業の1つであるため、リフォームを行う会社には建設業の許可が必要になります。許可を受けずに、一定の範囲を超えた建設工事を請け負うと、無許可営業となり罰せられます。許可認定については「○○県知事許可」とあるのは知事免許で、1つの都道府県内のみに営業所を設けている会社です。「国土交通大臣許可」とあるのは大臣免許で、2つ以上の都道府県に営業所を設けている会社になります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

建設業許可とは?建設業許可の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?