>>>建築条件付宅地

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

建築条件付宅地【けんちくじょうけんつきたくち】

建物を建設する際に、土地の売主が指定する建築業者と「建築工事請負契約」を一定期間内(3カ月以内など)に締結するなど条件が定められた土地のことをさします。条件のついていない土地を購入し注文住宅を建てる場合と比較し、参考プランなどが用意されているケースが多いことなどから、「建築費用の全体像が把握しやすい」また「建築までがスピーディに進む」といったメリットがあります。ただし、建築時に建て主の意向が十分に反映されない、意向を反映した場合に高額な費用が発生するなどのトラブルが多いのも事実です。建築条件付きの土地を購入する場合は、事前に制限内容を十分に検討する必要があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

建築条件付宅地とは?建築条件付宅地の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?