>>>欠陥住宅

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

欠陥住宅【けっかんじゅうたく】

欠陥住宅とは、設計・施工ミスや手抜き工事などによって、住宅として当然そなえるべき性能が欠如している住宅のことです。
また、あってはならない危険性をもった住宅も欠陥住宅といいます。具体的には、雨漏り、外壁や内壁の亀裂、床や外壁の傾き、振動、結露やカビ、排水不良などがあげられます。これらの現象の背後には、構造上の問題が潜んでいる可能性が高く、甚大な被害をもたらす危険性があります。建築基準法に違反する住宅は欠陥住宅といえます。また、シックハウス症候群など、法律に抵触していなくても実質的に居住者に不快感や健康被害をもたらす建物も欠陥住宅といえます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

欠陥住宅とは?欠陥住宅の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?