>>>景品表示法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

景品表示法【けいひんひょうじほう】

景品表示法とは、独占禁止法の特例で、広告表示や景品付販売について定めたものです。
「不当景品類および不当表示防止法」の略で、「景表法」ともいいます。
景品表示法は、不当表示や過大な景品類の提供を厳しく規制し、公正な競争を確保することによって消費者が適正に商品・サービスを選択できる環境を守ることを目的としたものです。運用は公正取引委員会によって行われ、違反行為には排除命令が出されます。この命令に従わなかった場合には、2年以下の懲役または300万円以下の罰金が課せられ、公正取引協議会の構成員である資格を停止または除名されます。
不動産業界では、景品表示法に基づいて不動産の表示規約や景品規約などを定め、業界内で自主規制を行っています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

景品表示法とは?景品表示法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?