>>>原野商法・第2次原野商法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

原野商法・第2次原野商法【げんやしょうほう・だいにじげんやしょうほう】

原野商法とは、遠隔地のほとんど経済的価値のない山林・原野を、「将来必ず値上がりする」など詐欺同然に売りつける商法です。
1980~90年代に流行った悪徳商法で、実勢価格の数十倍あるいは数百倍もの価格で売りつけたり、半ば強制的に契約させるなど、対象者に高齢者が多く、社会的に大きな問題となりました。第2次原野商法とは、2004年~2007年頃に原野商法の被害者を対象として土地の処分の話を持ちかけ、造成工事費や測量代金、高額な広告費などを騙し取った商法です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

原野商法・第2次原野商法とは?原野商法・第2次原野商法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?