>>>検査済証

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

検査済証【けんさずみしょう】

検査済証とは、建築基準法に定められたもので、「建築物及びその敷地が建築基準関連規定に適合していること」を証明する文書です。
建築確認申請によって許可された建物は、原則として完了時に完了検査を受ける必要があります。
完了の4日以内に完了検査申請書の提出が義務付けられており、係員による現地での完了検査を実施して、建築基準関連規定に適合していることが確認されると検査済証が交付されます。ただし、施主の希望などで設計変更が行われ、結果として違法建築になるようなケースでは検査済証は受けられない場合もあります。
検査済証の取得率は近年上昇し、7~8割に上るようになっています。欠陥住宅を防止するうえでも、検査済証はきちんと取ることが大切です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

検査済証とは?検査済証の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?