>>>軽量鉄骨

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

軽量鉄骨【けいりょうてっこつ】

軽量鉄骨とは、薄くて軽い鉄骨で建物の骨組をつくり、パネルを取り付けて屋根や壁、床とする工法のことです。
軽量鉄骨とは、厚さ6ミリ未満の鋼板を加工した鉄骨をいいます。
防錆処理を施した軽量鉄骨を・筋交い、または壁パネルのフレームとして使用します。軽量鉄骨は熱に弱いため、外壁や屋根には熱に強いセラミックやALCと呼ばれる軽量気泡コンクリートパネルなどが使われます。工場で生産されたパネルを現場で組み立てるため、精度の高さと工期の短さが特徴です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

軽量鉄骨とは?軽量鉄骨の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?