>>>建築協定

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

建築協定【けんちくきょうてい】

建築協定とは、環境保全や個性的な街づくりを目的に、土地の所有者全員の合意によって、建築基準法などに重ねて一定の制限を加えることです。
住宅地としての環境や商店街としての個性などを維持・増進するために、土地の所有者および賃貸人など全員の合意により、建築物の敷地や構造、用途、形態、デザイン、意匠などについて協定をつくり、特定行政庁が認可するものです。
建築協定に同意した土地は、「建築協定区域」となり、土地の所有権借地権などが移動した場合も、建築協定の効力はおよびます。建築協定は運営委員会によって自主的に運営されます。建築協定の締結や変更は全員の合意が必要ですが、廃止には過半数の合意で可能です。建築協定は合意に基づくもので、合意が得られない場合は「建築協定区域外」となってしまいます。ただし、建築計画の際に特定行政庁から運営委員会との事前協議を依頼することはできます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

建築協定とは?建築協定の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?