>>>建設業法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

建設業法【けんせつぎょうほう】

建設業法とは、建設業者の資質の向上、請負契約の適正化等を図ることを目的として昭和24年に制定された法律です。
これによって、建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護するとともに、建設業の健全な発達を促進し、公共の福祉の増進に寄与しています。ここでいう「建設業」とは、土木一式・建築一式工事、大工・左官・電気工事、内装仕上げなど、建築業法で規定されている28業種の建設工事の完成を請け負う営業のことを指します。主な内容として、建設業者の許可条件、建設工事の請負契約の適正化の確保や紛争の処理、施工技術の確保などが定められています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

建設業法とは?建設業法の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?