>>>原状回復ガイドライン

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

原状回復ガイドライン【げんじょうかいふくがいどらいん】

正式には「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」といいます。
国土交通省が、賃貸住宅における原状回復の費用負担をめぐるトラブルを予防するために、1998年にまとめたものです(2004年改訂)。
ガイドラインでは、通常の損耗や経年変化は家主の負担とし、原状回復は「賃借人が借りた当時の状態に戻すことではない」ことを明確化しています。借主の原状回復の範囲は、「故意・過失、善意注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義しています。また、故意・過失がある場合でも、経過年数を配慮して年数が多いほど負担を軽減し、原状回復の施工範囲は損傷部分に限定することを求めています。
なお、ガイドラインは法的強制力はありませんが、多くの判例でこれに沿った判決が出されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

原状回復ガイドラインとは?原状回復ガイドラインの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?