>>>建築協力金方式

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

建築協力金方式【けんちくきょうりょくきんほうしき】

不動産有効活用の手法のひとつです。地主がテナントと賃貸借契約を結び、そのテナントから貸与された保証金や建築協力金で、テナントの店舗を所有地に建築するという方法です。
幹線道路沿いのスーパーやレストラン、コンビニといった店舗の出店に用いられてきた方式で、テナントが建築協力金という名目で、保証金及び敷金を差し入れ、その資金を基に、テナントの業態にあった建物を建築し、リースします。期間は5年~20年程度が一般的です。事業用借地に比べると、建物も地主の所有となるため、経営リスクは若干高くなりますが、収益(賃料)は借地に比べ多くなります。また、自己資金を低く抑えられることもメリットです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

建築協力金方式とは?建築協力金方式の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?