>>>管柱

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

管柱【くだばしら】

管柱とは、木造2階建以上の建物で、その階のみに建っている柱のことです。
管柱は、1階では2階の床を支えるや胴指しにかかる力を土台に伝えて、2階では小屋梁や桁にかかる屋根荷重を受けて梁や胴差しに伝えます。柱の大きさは、105ミリから120ミリ角が一般的で、材種としては杉や桧、ヒバ、ベイスギ、ベイヒバ、集成材などが用いられることが多いようです。これに対して、土台から軒まで1本の材で通った柱を通し柱といいます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

管柱とは?管柱の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?