>>>クロス張り

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

クロス張り【くろすはり】

クロス張りとは、壁や天井の仕上げ方法のひとつで、シート状の仕上げ材を張った状態、またはクロスを張ることです。
クロスという言葉は厳密には、布クロス、紙クロスビニールクロスなど、クロスを総称したものですが、クロスの中で日本の住宅にもっとも多く使われ、一般的なのがビニールクロスであることから、クロス張りといった場合、ビニールクロスを張ることを指すこともあります。
ビニールクロスは色柄が豊富で、紙クロスや布クロスに比べ、価格も手ごろなことから、広く普及しています。クロスのインクに含まれる可塑剤や、クロスを張るときに使う接着剤ホルムアルデヒドが含まれていることが話題になり、シックハウス症候群の原因のひとつのようにいわれた時期もありましたが、現在では、日本壁装協会をはじめ、各メーカーの努力により、建築基準法の改正に沿ってホルムアルデヒド対策を施した製品が中心になっています。また、再生紙を使った製品や、木材パルプを使わず、ケナフという草の一種を利用したものなど、環境に配慮したクロスも多数発売されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

クロス張りとは?クロス張りの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?