>>>グラスウール

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

グラスウール【ぐらすうーる】

グラスウールとは、断熱材や吸音材として使われる綿状になったガラス繊維のことです。
溶かしたガラスを遠心力で吹き飛ばして綿状にした繊維に、少量の結合材(フェノール系樹脂)を加えて固めたもので、繊維サイズは直径4~8ミクロン、長さ10ミクロン以上の短繊維で、不燃材料です。
グラスウールは、ガラス繊維の間に大量の空気を含んでいて、その絡み合った細いガラス繊維が空気を動きにくくし、全容量の約98パーセントを占める空気が優れた断熱効果を発揮します。また騒音や雑音は、複雑に交錯するグラスウールの繊維を通る間に吸収されます。
グラスウールにはさまざまな製品があり、密度を高くしたり、繊維径を細くしたりすることで断熱性能が異なります。性能のバリエーションが豊富なので、断熱計画によって最適なものを選択することが可能です。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

グラスウールとは?グラスウールの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?