>>>クーリングオフ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

クーリングオフ【くーりんぐおふ】

訪問販売や旅行招待販売などの強引なセールスから消費者を守るために、一定の場合、一定期間内に無条件で契約の解除、または申し込みの撤回ができる制度を、クーリングオフといいます。
不動産取引でクーリングオフができるのは、売主が宅建業者で買主が個人の場合です。
買受けの申し込みや売買契約の締結が、業者の事務所や事務所に準じる場所以外(テント張りの案内所や喫茶店など)で行われ、書面でクーリングオフができることが告げられて8日が経過しない間、ということになります。書面で告げられてから8日が経過した場合と、物件の引渡しを受け、かつ、代金の全部が支払われた場合は、クーリングオフができなくなります。クーリングオフの意思表示は、書面(内容証明郵便など)で行うことが必要であり、その効力は書面を発した時(ポストに入れた時)からです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

クーリングオフとは?クーリングオフの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?