>>>木表

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

木表【きおもて】

丸太を板目に製材して、外側に近い方をさします。芯に近い方が「木裏」と呼ばれています。柱材のように中心に芯が来るように製材する場合は4面全てが「木表」になります。「木表」は「木裏」に比べ、木目がひき立ち美しいのが特徴で、見附(目に付くところ・目立つところ)には「木表」を使います。「木裏」より「木表」の方が樹齢が若いため木の収縮が大きく、無垢材の板は「木表」側に反る特徴もあります。また、敷居鴨居は「木表」側が室内側を向くようにとめつけるなど(逆だと木が室内側に反り建具の開閉ができなくなるため)、家づくりには木の性質を知ることも必要になります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

木表とは?木表の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?