>>>木曽檜

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

木曽檜【きそひのき】

長野県の木曽地域から裏木曽地域(飛騨南部、東濃地域)にかけて分布する天然ヒノキのことをさします。他地域の檜が40年程で太くなるのに対して、木曽檜は同じ太さになるのに約70年程もかかります。その理由は、山の傾斜が険しく多雨で寒さが厳しい自然環境のため、生長に時間がかかるためです。しかしその分、木目が細かくなり弾力性の高い木になるほか、ゆがみや縮みが少ないため、伊勢神宮の遷宮用材や高級建築用材として重用されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

木曽檜とは?木曽檜の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?