>>>虚偽表示

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

虚偽表示【きょぎひょうじ】

強制執行の回避や不当な利益の獲得などを目的とする者が、相手方と共謀して行う、真意でない意思表示です。通謀虚偽表示とも言われます。
例えば、債権者からの不動産の差し押さえを防ぎたいAが、友人Bと虚偽の売買契約を結び、所有権を友人名義に移すなどが挙げられます。意思表示は真意を欠くため、民法では無効としています。ただ、事情を知らない第三者(善意の第三者)には無効を主張できまぜん。具体的には、上述のケースでBが善意の第三者Cに不動産を売却した時、AはCに無効を主張できません。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

虚偽表示とは?虚偽表示の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?