>>>旧法上の借地権

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

旧法上の借地権【きゅうほうじょうのしゃくちけん】

借地権とは、土地を優先的かつ長期間に亘り借りられる権利です。借地権には、土地の所有者の許可を得ずに土地上の建物を第三者に売却したり転貸したりできる「地上権」と、土地上の建物を売却したり転貸したりするためには土地の所有者の許可が必要な「賃借権」があります。旧法とは、平成4年7月31日まで施行されていた借地法を指し、土地上の建物に対する借地権の存続期間を木造であれば30年(最低20年)、コンクリートなど木造以外であれば60年(最低30年)と定めています。しかし、1992年8月1日に施行された借地借家法(新法)では、建物が木造でも木造以外でも最低30年(これ以上の期間は自由)に改められました。ただ、1992年7月31日までに成立した借地権には旧法の規定が適用されます。これを旧法上の借地権といいます。旧法と新法に違いがあるため、不動産広告などの多くはその差異を明記しています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

旧法上の借地権とは?旧法上の借地権の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?