>>>規約敷地

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

規約敷地【きやくしきち】

マンションの駐車場や庭園、通路といった建物の敷地ではないものの、一体として利用される土地をさします。本来、敷地とは建物が存在する土地(法定敷地)とされていますが、建物を利用する上で必要な駐車場や庭園、通路などが別個に処分されてしまう事態を防ぐため、規約によってそれらをマンションの敷地に含めます。規約敷地は原則的に建物と分けて処分できませんが、管理組合の総会で区分所有者(分譲マンションの各住戸の所有者など)および議決権の4分の3以上の賛成が得られた場合は、その限りではありません。なお、規約敷地は建物と隣接していなくても設定できます。例えば、マンションと数百メートル離れた駐車場も規約敷地に設定できます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

規約敷地とは?規約敷地の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?