>>>気密住宅

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

気密住宅【きみつじゅうたく】

気密住宅とは一般的に、家全体にある隙間面積(cm2)を延べ床面積(m2)で割った「隙間相当面積」(単位はcm2/m2)が、床面積1m2当たり5.0cm2/m2以下の住宅をさします。1992年に改正された「新省エネルギー基準」によって認知された名称で、1999年の「次世代省エネルギー基準」では、寒冷地である断熱地域区分のI、II地域では、相当隙間面積2.0cm2以下、その他の地域では相当隙間面積5.0cm2以下となるように規定されていましたが、2009年の省エネ法の改正でその規定が削除されました。
現在では、高気密住宅という呼ばれ方が多いです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

気密住宅とは?気密住宅の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?