>>>機械等級材

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

機械等級材【きかいとうきゅうざい】

木材を強度によって選別する際、機械によって強度の指標となる弾性係数(曲げヤング係数)を測定し、JAS(日本農林規格)が定める等級区分に分けられた製材のことです。等級区分はE50(曲げヤング係数40以上60未満)から20刻みでE150(曲げヤング係数140以上)までの6等級があり、この数字が大きいほど強度が高い製材ということになります。材面の品質は、目視等級区分の乙種構造用の3級の基準を満たすものと規定されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

機械等級材とは?機械等級材の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?