>>>既存住宅性能表示制度

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

既存住宅性能表示制度【きぞんじゅうたくせいのうひょうじせいど】

平成12年に「住宅性能表示制度」がスタートし、その対象となるのは新築住宅だけでしたが、平成14年8月に既存住宅(いわゆる中古住宅)を対象とした住宅性能表示制度が制定され、同年12月に「既存住宅に係る住宅性能表示制度」が始まりました。
このことで、「住宅性能表示制度」は、新築・既存を問わずすべての住宅が対象となり、新築の制度を利用した住宅が、数年後に既存の制度も利用できる環境となりました。これにより既存の住宅でも、住まいの劣化や不具合などの性能が明確となり、評価基準の判断材料として中古住宅の売買ができるようになったと言われています。既存住宅の場合は、新築住宅を対象とした性能表示事項(10分野29事項)のうち、評価が可能な事項として7分野22事項が設定されています。また新築時に建設住宅性能評価書が交付されていない既存住宅では、6分野13事項が設定されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

既存住宅性能表示制度とは?既存住宅性能表示制度の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?