>>>共同建て住宅

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

共同建て住宅【きょうどうだてじゅうたく】

共同建て住宅とは、2戸以上の住宅が廊下、階段、広間などを共用する建て方の住宅をいいます。
集合住宅ともいい、共用する面積は問いません。一般的には木造または軽量鉄骨造で2階建て以下のものをアパート、鉄筋コンクリート造などで3階建て以上のものをマンションと呼びます。土地を有効利用できるため、都市などの人口密集地に多く見られます。
共同建て住宅は床面積30平米以上が「フラット35」の融資対象です。かつては、都市部を中心に一定の居住空間を提供することが目的でしたが、近年では共用スペースをゆったり確保し、共用施設の充実化によって住まいのクオリティーアップが図られる物件が増えています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

共同建て住宅とは?共同建て住宅の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?