>>>北側斜線制限

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

北側斜線制限【きたがわしゃせんせいげん】

北側斜線制限とは、南側にある建物の高さを制限して、北側の敷地の日照や通風を確保するものです。
2002年の政令改正により、「北側高さ制限」という用語が用いられることになりました。
「北側高さ制限」は、第1種低層住居専用地域第2種低層住居専用地域と、第1種中高層住居専用地域第2種中高層住居専用地域に適用されます。北側斜線とは、自分の敷地と隣地との境界線(隣地境界線)の上で、地盤から5メートル(第1種低層住居専用地域・第2種低層住居専用地域)のポイントを基準とし、そこから真北に向かって、勾配1.25対1の斜線を指します。この北側斜線をはみ出して、建物を建てることはできません。第1種中高層住居専用地域・第2種中高層住居専用地域では、ポイントが地盤から10メートルになり、同様の斜線制限が設定されます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

北側斜線制限とは?北側斜線制限の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?