>>>既存宅地確認

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

既存宅地確認【きそんたくちかくにん】

既存宅地確認とは、市街化調整区域内にあって、市街化区域と一体的な日常生活圏を構成する一定規模以上の集落内にあり、市街化調整区域とされた時点で既に宅地になっていた土地であることを開発許可権者が確認することをいいます。
従来、既存宅地確認を受けた土地については、建築行為許可が免除されていました(既存宅地確認制度)。しかし、2001年にこの制度は廃止されたため、既存宅地であっても建物を建てるためには建築行為許可が必要となります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

既存宅地確認とは?既存宅地確認の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?