>>>逆梁アウトフレーム工法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

逆梁アウトフレーム工法【ぎゃくばりあうとふれーむこうほう】

逆梁アウトフレーム工法とは、マンション住戸の四隅にある太いを、住戸の外側に配置し、梁を天井からではなく、床から立ち上げる工法です。
通常のマンションでは、は床スラブの下側(下階の天井側)に出っ張りますが、逆に床スラブの上側に立ち上げるようにしたものを「逆梁工法」といいます。また、柱と梁を部屋の外側にずすことで、室内に柱の出っ張りが出ないようにする工法を「アウトフレーム工法」といいます。逆梁アウトフレーム工法は、この二つの工法を組み合わせたものです。
柱をバルコニー側に出すことで、室内から柱や梁による出っ張りをなくし、部屋の四隅まで有効に使えるようになります。梁はバルコニーの先端から立ち上げて手すりと兼用されます。天井に梁が出ないため、を高くとることが可能になり、採光や眺望の面でも優れています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

逆梁アウトフレーム工法とは?逆梁アウトフレーム工法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?