>>>逆梁ハイサッシ

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

逆梁ハイサッシ【ぎゃくばりはいさっし】

逆梁ハイサッシとは、逆梁工法により天井からをなくすことで、窓枠を天井近くまで高くしたサッシのことです。
一般的なマンションの設計方法では、床の荷重を支える梁はスラブの下側、つまり下階の天井側に出っ張ります。これを逆にスラブの上側、つまり床から立ち上げる形にする工法を「逆梁工法」といいます。通常は、この逆梁をバルコニー側に出し、バルコニーの手摺りと兼用させます。それによって、バルコニー側のが天井近くまで高さを確保できます。このように、通常よりも背の高いハイサッシを採用したものを逆梁ハイサッシといいます。通風や採光の面で優れ、リビングも明るさと開放感が感じられるようになります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

逆梁ハイサッシとは?逆梁ハイサッシの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?