>>>気密層

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

気密層【きみつそう】

気密層とは、住宅のすきま風や壁の中で発生する気流を止めるために、外壁・床・天井などに設けた層のことです。
通常は、ポリエチレンなどのプラスチック系フィルムなどを、すき間なく張って室内を密閉させます。また、断熱材を入れた外壁などに、室内からの水蒸気が断熱材に侵入して内部結露が発生すると、構造材の腐朽や断熱性能の低下などを引き起こします。それを防ぐために防湿性の高い素材が使われ、これを「防湿気密層」と呼びます。漏気(すきま風)をなくして熱損失を防ぐという意味では「気密層」、水蒸気の出入りを防ぐという観点では「防湿層」ということです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

気密層とは?気密層の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?