>>>基本設計図

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

基本設計図【きほんせっけいず】

設計の初期段階で、建築主の要望やイメージに基づいて、作成される基本的な図面です。
設計図には大きく分けて、基本設計図と実施設計図があります。基本設計図は、縮尺100分の1の各階平面図、立面図仕上げ表など、主に意匠図面と呼ばれているものが多く、見る機会が最も多い重要な図面といえます。
実施設計図は、基本設計図を基に検討や修正を加え、構造図設備図なども含めて、実際に建築工事が行えるように、より詳しく書かれた図面です。建築士に依頼する場合、基本設計完了時点で設計料の1~2割程度を支払うこともあります。ハウスメーカーの場合ですと、相見積もり(複数の業者から見積もりを取ること)から契約前ぐらいの段階で基本設計図があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

基本設計図とは?基本設計図の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?