>>>基礎パッキング工法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

基礎パッキング工法【きそぱっきんぐこうほう】

基礎パッキング工法とは、床下の換気確保のために、基礎土台の間に硬質ゴム製(または樹脂製)のパッキング材(緩衝材)をはさみ込む工法のことです。
基礎パッキングは土台の下に数十センチの間隔で設置されるので、全体的な隙間が生まれ、基礎を欠きこんで設ける床下換気口]]に比べて高い通気性を確保してくれます。これにより床下に湿気が充満することを防止できます。また、土台が直接基礎に触れていないため乾燥しやすく、土台を長持ちさせる効果があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

基礎パッキング工法とは?基礎パッキング工法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?