>>>基準金利適用住宅

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

基準金利適用住宅【きじゅんきんりてきようじゅうたく】

住宅金融公庫融資の金利条件のひとつで、公庫の定める基準金利を適用できる住宅のことです。
公庫融資の金利は、当初10年間が低く、11年目以降に高くなる段階制金利となっています。しかし、当初10年間についても、住宅の規模や性能によって金利が異なります。基準金利適用住宅は、床面積が175平方メートル以下、「耐久性タイプ+バリアフリータイプ」「耐久性タイプ+省エネルギータイプ」などの条件があります。
2007年4月1日、住宅金融公庫から住宅金融支援機構への移行により、経過措置を除いて、原則として個人向けの住宅ローンは終了しました。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

基準金利適用住宅とは?基準金利適用住宅の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?