>>>外壁材

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

外壁材【がいへきざい】

建物の壁の外側を構成する建材や素材のことをさします。風雨や紫外線などの外部要因から建物を守る役割があります。
他人の目にも触れやすいことから、素材や色合いの組み合わせが建物全体の外観デザインに大きく影響します。
素材の種類としては、塗り材のほか、サイディングタイルレンガALCなどがあり、塗り材は下地としてモルタルを用います。サイディングはボード状の外壁材で、窯業系と金属系、木質系などに分けられます。ALCは「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」の頭文字から名付けられたもので、「高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート」という意味です。一般的なコンクリートより軽量で断熱性能にも優れています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

外壁材とは?外壁材の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?