>>>唐木

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

唐木【からき】

東南アジアやインドなどで伐採された紫檀や黒檀、タガサヤン、ビャクダン、カリンなどの熱帯産の木材の総称。唐(中国)の木という意味ではなく、かつては唐を経由して、日本に入ってきたことからその名がつけられています。そのほとんどが、市場価値の高い銘木であるのも特徴です。遣唐使の時代より日本に伝わり、唐木を使った唐木細工は正倉院にも保管されています。今でも、家具製作や住宅建築、指物づくりなどに広く用いられています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

唐木とは?唐木の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?