>>>貸金業法

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

貸金業法【かしきんぎょうほう】

消費者金融などの貸金業者の業務や貸金業者からの借入れなどについて定めている法律です。
返済しきれないほどの借金を抱えてしまう多重債務者の増加が深刻な社会問題となったことから、この法律が平成18年に国会で成立し、平成22年6月から完全施行されました。新しくスタートした貸金業法のポイントは、総量規制(借り過ぎ・貸し過ぎの防止)と上限金利の引下げ、そして貸金業者に対する規制の強化です。総量規制は貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は新規の借入れをすることができないというもの。借入残高によっては年収等の資料の取得が義務付けられました。上限金利に関しては、これまではグレーゾーン金利があって改正前は29.2%という金利もありましたが、貸金業法では貸付額に応じて15~20%と決められており、超過した場合は民事上無効となり、行政処分の対象となります。
また、貸金業者に対する規制も強化され、法令遵守の助言・指導を行う国家資格を持つ貸金業務取扱主任者を各営業所に置くことが義務付けられました。さらに取立行為の規制や保険契約締結の禁止などもうたわれています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

貸金業法とは?貸金業法の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?