>>>貸家建付地

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

貸家建付地【かしやたてつけち】

宅地の態様の1つで、所有している土地に建てた家屋(貸家、貸アパート、貸マンションなど)を他に貸し付けている場合のその土地のことです。一般に相続財産や贈与財産である土地に関して、貸家建付地の価額は「自用地とした場合の価額-自用地とした場合の価額×借地権割合×借家権割合×賃貸割合」で算出します。これにより、同じ場所で同じ広さの土地でも、貸家建付地として利用すれば、駐車場などとして利用するのと比べて節税が可能となります。借地権割合および借家権割合は地域によって異なり、国税庁のホームページで閲覧できる路線価図や評価倍率表で確認できます。持っている土地を貸家建付地として利用することで、土地の評価を引き下げることができ、節税につながるといえます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

貸家建付地とは?貸家建付地の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?