>>>緩衝材

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

緩衝材【かんしょうざい】

大きさや形の異なる複数の物品が、段ボールや箱の中で触れ合うことによって物品が破損することを防ぐために、隙間に挟む物や素材などをさします。主な用途は物品の保護です。また、靴の靴底などにも使われ、発泡スチロールや気泡緩衝材(俗に「プチプチ」と呼ばれる)、塩化ビニールなどの弾力がある素材が使用されています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

緩衝材とは?緩衝材の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?