>>>改装・改修工事

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

改装・改修工事【かいそう・かいしゅうこうじ】

「改装」と「改修」は混同して使われることがありますが、改装は外観や内装などを新しく変えること、改修は不良・欠損・老朽化した箇所を直すことです。建築基準法では建築確認申請が求められるものとして、「大規模の模様替え」「大規模の修繕」が規定されています。「大規模」とは、建築物の主要構造部(壁・柱・床・梁・屋根・階段)の1種以上の箇所で、おおむね半分以上を指す大きさのことで、「模様替え」は建築物の材料や仕様を替えて建築当初の価値の低下を防ぐために行うもの、「修繕」は同じ材料を用いて元の状態に復元し建築当初の価値を回復させるもの、とされています。ただし、階数が2以下で延床面積500m2以下の住宅などは、これらの工事を行う場合でも建築確認申請は不要となります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

改装・改修工事とは?改装・改修工事の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?