>>>火災警報

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

火災警報【かさいけいほう】

実効湿度・最低湿度・風速から総合的に判断した気象状況が、火災の予防上危険であると認められるときに、各市町村長が発令する警報のことです。実効湿度とは、木材の乾燥度を表す指数で、過去数日間の湿度を考慮して計算されます。気象予報などで目にする湿度は正確には相対湿度と呼ばれるもので、火災警報に用いられる実効湿度とは異なるものです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

火災警報とは?火災警報の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?