>>>仮囲い

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

仮囲い【かりかこい】

建築現場や工事現場、資材置場などの防犯や安全を確保するため、工事期間中、敷地境界線に沿って設置される仮の囲いのことをいいます。作業場、加工場、置場などの区画を明らかにすることで関係者以外を立入禁止にしたり、盗難の防止、さらに区画外へ粉塵が飛散するのを防止するなどの役割があります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

仮囲いとは?仮囲いの意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?