>>>角敷地

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

角敷地【かどしきち】

特定行政庁(原則として人口25万人以上の市の長)が指定する形態の土地で、道路交差点や道路と公園、道路と河川等に、敷地の2辺以上が一定以上の割合で接している敷地をさします。
特定行政庁がかど敷地として指定する基準に適合した場合には、すべての用途地域建ぺい率が10%(併せて「耐火建築物の建ぺい率緩和」を受けた場合は20%)上乗せになるので、一つの道路に接している敷地より広い建物を建てることができます。ただし、建ぺい率の緩和が適用されるかど敷地とは、敷地の2辺が道路に接するいわゆる角地であればすべて該当するものではなく、特定行政庁が角敷地として指定する基準に適合しない場合や角地を構成する道路が単なる通路、または道であって法令上の道路に該当しない場合(私道で道路位置の指定をうけていないもの等)は、建ぺい率の緩和は適用されないので注意が必要になります。また、不動産広告等ではこの緩和のことを「角地緩和」と表示することもあります。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

角敷地とは?角敷地の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?