>>>がけ地

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

がけ地【がけち】

傾斜が急で、宅地などとしての利用が困難な土地をさします。建築基準法施行条例では「地表面が水平面に対し30度を超える角度をなす土地」と定義されています。自然に形成されたものや、宅地を造成する際の切土盛土などで生じるものがありますが、いずれも大雨や台風などによって土砂災害の危険性が高いため、建物の建築には制限がかかります。具体的には、擁壁(コンクリートなどの壁)での補強などです。がけ地は不動産の取引においてもデメリットになるため、その割合や影響が大きい場合は、広告に明示しなければなりません。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

がけ地とは?がけ地の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?