>>>簡易耐火建築物

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

簡易耐火建築物【かんいたいかけんちくぶつ】

簡易耐火建築物とは、建築基準法で1959年に設けられた建物の種類で、主要構造部が準耐火構造と同等の準耐火性能を有するための技術水準に適合し、また、延焼のおそれのある開口部防火戸などとした建築物をいいます。
具体的な技術水準としては、外壁を耐火構造とする方法、または、主要構造部を不燃材料とする方法について、要件が定められています。簡易耐火建築物は、主要構造部が準耐火構造ではないが耐火性がある建築物として扱われていましたが、1992年にこの名称は廃止され、現在は「準耐火建築物」に分類されています。また、建築基準法2条9の3号ロに規定されていることから、「ロ準耐」とも呼ばれています。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

簡易耐火建築物とは?簡易耐火建築物の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?