>>>買換え特例

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

買換え特例【かいかえとくれい】

買換え特例とは、マーホームを買換えた際に、売却した代金のうち買換えに充てた金額には課税されない制度です。
この特例は2004年度および2007年度の税制改正によって適用期限が延長され、2009年12月31日までに売却した場合に適用されます。買換え特例では、売却代金を全て購入に充当した場合には無税、売却益があった場合にはその分に課税されます。買換え特例を受ける主な条件は、以下の通りです。
・土地と家屋の所有期間が10年を超え、10年以上住んでいること
・売却した年の前年から翌年中に買換え物件を購入し、居住を開始すること(翌年末購入の場合は、その1年以内に居住)
・買換える建物の床面積が50平方メートル以上、敷地は500平方メートル以下であること
・売却した相手が、配偶者や親子、生計をともにする親族でないこと

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

買換え特例とは?買換え特例の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?