>>>重ね建て住宅

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

重ね建て住宅【かさねだてじゅうたく】

重ね建て住宅とは、2戸以上の住宅を重ねて建てた住宅のことです。
一戸建て住宅が敷地も建物も独立した1戸の建物であるのに対して、重ね建て住宅は同じ敷地内で上下に別の住居があります。どちらも床面積70平米以上は「フラット35」の融資対象となります。
重ね建て住宅は、二世帯住宅などで一定の独立性を持たせるには適した住宅で、一戸建てに比べて経済的にも優れています。その反面、建物の構造によっては上下で音が響きやすかったり、日常的に顔を合わせる機会も多く、売却や転居の際に双方に与える影響も少なくないので、世帯間の信頼関係が重要なポイントになるといえます。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

重ね建て住宅とは?重ね建て住宅の意味を調べる。不動産用語集【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?