>>>監理技術者

不動産用語集

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

監理技術者【かんりぎじゅつしゃ】

建設工事を適正に実施するため、施工計画の作成、工程や品質などの管理及び施工に従事する者の技術上の指導監督を行う者のことです。
建設業法の規定では、建設業者は、請け負った工事を施工する場合に、請負金額にかかわらず、工事施工の技術上の管理をつかさどるものとして、必ず現場に「主任技術者」を置くことを求められています。また、発注者から直接工事を請負い、そのうち3,000万円(建築工事業の場合は4,500万円)以上を下請契約して工事を施工するときは、主任技術者に代えて、「監理技術者」を置くことが義務付けられています。つまり特定建設業者が元請として外注総額3000万円以上の工事を請け負った場合に、現場に配置しなければならない、一定の国家資格を有する、または国土交通大臣に特別に認定された、技術者のことです。

不動産用語をフリーワードで検索

フリーワードで検索

新着物件

監理技術者とは?監理技術者の意味を調べる。不動産用語集【HOME'S/ホームズ】。不動産を借りる・買う・売る・リフォームする・建てる・投資するなど、不動産に関する様々な情報が満載です。まず初めに読みたい基礎知識、物件選びに役立つノウハウ、便利な不動産用語集、暮らしを楽しむコラムもあります。不動産の検索・物件探しなら、住宅情報が満載の不動産・住宅情報サイト【HOME'S/ホームズ】

条件を削除すると新着お知らせメールの
配信が停止されますがよろしいですか?